WordCampKansai2015でトーク&ハンズオンセッションをしてきました

こんにちは、大阪から帰ってきたら明らかに体重が増えていたナツミーヌです。しばらく昼も夜も質素なご飯を食べようと思っています……。

というわけで、7月25・26日に開催されたWordCamp Kansai2015にて世話役としてハンズオンセッションをさせていただきました!

当日のスライドはこちら:

スピーカーに応募したわけ

私がスタッフをしているWordPressもくもく会で何度かお話しをするうちに、「いつかWordCampで登壇してみたい!」と強く思うようになりました。

それはだんだん「自分の経験や知識がほんの少しでも誰かの役に立ったら嬉しい」という気持ちに変わり、選考の合否は別としてまずは行動してみよう、と応募を決めたんです。

トークだけのつもりが、人生初のハンズオンをやることに

当初はトークセッションだけを行う予定でした……が。 実行委員のちあきさん&YATさんから「GitHubのハンズオンをやってみようぜベイベー」との勅命を受けw人生初! ハンズオンセッションをさせていただくことになりました。

今だから言えますが、とてつもなくヤバいことを引き受けてしまった……と弱気になっていた日もありましたw

スライド後半は、どうすればGit/GitHubの「とっつきにくさ」を解消できるかがテーマ

WordBench山梨の「わぷ田信玄を」わぷーアーカイブに載せるべくGit・GitHubを使いはじめた私ですが、最終的に掲載できたのは1ヶ月以上もあとのこと。

  • その間にあれこれつまずき、何がわからないかも判断できなかった私の経験を踏み台にしてもらえたら。
  • 初めて触れる人が感じるであろう「とっつきにくさ」をどうしたら解消できるか。

この2点に重きをおいてスライドとトーク原稿を作りました。

セッション本番と盛りだくさんな反省点

そして迎えた本番。トークと、ハンズオンの「コミット」までは順調でした……が!

  • 前日はうまくいっていたが、本番でエラーが出てしまいプッシュできなかった
  • ブランチ、マージ、コンフリクトまでスライドで網羅できておらず、コンチさんがご自分の資料を使って説明してくださることに
  • 理解と準備が不十分で、フォーク〜プルリクまでの説明がグダグダ
  • 分かりやすく説明するつもりが、グダったせいで余計混乱させてしまったのでは?

……などなどトラブルと反省点を挙げだしたらキリがありません。
また、急きょ世話役の増員が決まり全テーブルにヘルプの方がついてくださったにも関わらず、悔いの残るハンズオンになってしまったのは私の不徳の致すところです。
(世話役はなんと、YATさんちあきさんコンチさん堀池さん菱川さん、というスーパーバックアップ体制でした…)

それでも、やってよかったと心から思った

ハンズオンを開催する側に立ったことは一度もなかったですし、やらなかったら反省点さえ知ることができませんよね。
それに参加してくださった方がいなければ成り立ちません。世話役の方の助けなしでは解決できなかったトラブルもたくさんありました。

私を救ってくれたWordPressに対し、何かを返したくて始めたコミュニティ活動、チャレンンジを決めた今回のハンズオン。

ですが今になって思うのは、トラブルがなかったら「恩返しできたぜ!」の自己満足だけで終わっていたかもしれない、ということ。
感謝の気持ちは変わらないのなら、もっとフランクにWordPressにコミットすればいいし、困っている人がいたら気張らずに助ければいいんだと肩の力が抜けました。

まとめ

WCKが終わってから早くも1週間。
色々な気持ちや思いが落ち着いた今だからこそ、記事を書きながら気づけたことがたくさんありました。
また、はじめてWCKの裏側を知り、本当に大勢の方たちが関わり準備をしてくださったんだなぁと感謝しきりです。

ハンズオンに参加してくださった方々、世話役の方々、実行委員・スタッフ・登壇者のみなさん、本当にお疲れさまでした……ありがとうございました!

それでは…ソイヤッ! (っ°ロ°)╮-=ニ= 三≡’,;’;'[I♥WP]))’Д’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL

http://miinedesign.jp/blog/web-design/wck2015-handson/trackback/

PAGE TOP